アセロラ百科事典
2.アセロラ果実のヒミツ
2-1.アセロラの代表的な品種について
2-2.どんなところで育つの?
2-3.ビタミンCの多く含まれる産地は?
2-4.品種改良の歴史
2-5.実はどうなってるの?
2-6.木はどんな形をしているの?
2-7.種子はどんなかたち?
2-8.どうやって収穫するの?
1.アセロラ成分のヒミツへ
3.アセロラ歴史のヒミツへ
アセロラ百科事典目次へ
閉じる
8 どうやって収穫するの?
アセロラという植物についてはわかりましたか?それでは、ブラジルにあるニチレイのアセロラ農園で、どのように栽培しているかをご紹介しましょう。
アセロラがとってもデリケートなのは理解いただけたかと思います。だから収穫も丁寧に、丁寧に。ニチレイでは高い品質のアセロラを使用するため、『ニチレイ・アセロラ・スタンダード』、通称NASという厳しい基準を設けて、完熟した赤い実だけを選りすぐって収穫しています。
ブラジルでは、その一粒一粒、大切にアセロラを収穫している光景が見られます。


写真 写真

契約農家パウロ・シダージさんのお話
息子のロナウドさんを筆頭に5人の子供たちとアセロラを栽培。
収穫時期の忙しいときは、15〜20人の家族で摘み取りの作業を行っています。

「摘み取りの作業は簡単だけれど、やさしく、丁寧にが重要だね。根気のいる作業で、女性のほうが男性よりも上手にたくさん採るんだよ」

パウロ・シダージさん 息子さんのロナウドさん
パウロ・シダージさん 息子さんのロナウドさん

このページのトップへ戻る
Copyright (c) 2007 Nichirei Foods Inc. All rights reserved.