アセロラ百科事典
2.アセロラ果実のヒミツ
2-1.アセロラの代表的な品種について
2-2.どんなところで育つの?
2-3.ビタミンCの多く含まれる産地は?
2-4.品種改良の歴史
2-5.実はどうなってるの?
2-6.木はどんな形をしているの?
2-7.種子はどんなかたち?
2-8.どうやって収穫するの?
1.アセロラ成分のヒミツへ
3.アセロラ歴史のヒミツへ
アセロラ百科事典目次へ
閉じる
2 どんなところで育つの?
アセロラの育つ地域・場所について解説します。
南米ブラジルがアセロラの世界最大の産地と言われています。
他には、カリブ海、ハワイ、グアム、ベトナム、そして日本でも沖縄県や鹿児島県などで栽培されています。
熱帯気候や亜熱帯気候、気候で言えば25〜32℃ぐらいの地域を好んで育生。太陽の恵みをたっぷり受け、暖かい気候で育成する果実は、一般に寒帯や温帯の果実よりもビタミンやミネラルを高い割合で含んでいると評価されています。
また、温度とともに重要なのは乾燥。一定量の土壌水分さえあればよく育ちます。湿度が高いと樹全体に病害が発生しやすくなってしまいます。


世界のアセロラ生産地
このページのトップへ戻る
Copyright (c) 2007 Nichirei Foods Inc. All rights reserved.