アセロラ果実の研究室とは?
天然ビタミンCでナチュラルエイジング1 もっと若々しい肌へ! アセロラ果実の底力  (c)NICHIREIFOODS INC 2005
肌が老ける!その理由 2.ビタミンCで肌老化に待った!をかけよう 3.必見!ドクター直伝スキンケア
肌トラブルにはやっぱりビタミンCが大切
お肌の老化を防ぐには、細胞の酸化を防ぐこと(抗酸化)が必要。ポリフェノールやコエンザイムQ10などいろいろな抗酸化成分がありますが、なかでもビタミンCは基本中の基本!

ビタミンCといえば、メラニン色素の生成を抑えてシミを防ぎ、白い肌を守る「美白」のビタミンとして知られています。でも、頼りになるのはそれだけじゃないんです。コラーゲンの生成を助けてお肌のハリを保ち、シワやたるみを防ぐ、免疫力を高めて大人のニキビを予防するなど、お肌のいろいろなトラブル対策に関わっています。さらに、肌老化の原因となるさまざまなストレスに対してもビタミンCが抵抗力を高めてくれます。
ビタミンCの主な働き
  片桐先生から一言アドバイス 紫外線を浴びることが多い人、肉体的・精神的にストレスを感じている人は、ビタミンCもそれだけ多く必要です。普通の人より多めにとってくださいね。  
  ページのトップへ戻る
天然ビタミンCなら、さらに効率アップ!

若々しいお肌のためには欠かせないビタミンC。でも、人間の体内では作り出すことができません。そこで、食べ物や飲み物、サプリメントなどで摂取する必要があります。また、ビタミンCは体内に蓄積することもできないので、毎日摂るのが理想的。
ところで、ビタミンCにはアセロラ果実など植物に含まれる天然ビタミンCと、合成ビタミンCがあります。ビタミンCならどちらも同じ、と思ったらビックリ!実験では、その違いが明らかになっています。

天然ビタミンCを含む早摘みしたアセロラのパウダーと合成ビタミンCを比較した実験では、アセロラの方がコラーゲンをより多く産生したという結果が。これは、天然ビタミンCだけでなく、アセロラに含まれるポリフェノールなどが一緒に働くことで、より強力な抗酸化力を発揮していると考えられます。効率よく美肌をめざすなら、やっぱり天然ビタミンCがいいみたいですね。

グラフ:コラーゲン産生量
  片桐先生から一言アドバイス ビタミンCは摂取した量がすべて体内に吸収されるわけではありません。体調や年齢などでも変わりますが、摂取した分の半分くらいが吸収されればいいほう。天然ビタミンCは合成ビタミンCに比べて体内への吸収率が高いので、その意味でも効率的ですね。
 
  ページのトップへ戻る
ビタミンCとポリフェノール ダブルの働きで美肌力アップ
ビタミンCと並び、美肌づくりを助ける成分として知られるのが抗酸化物質「ポリフェノール」です。南国原産のアセロラには、 強烈な紫外線から身を守るためポリフェノールがたっぷり。ビタミンCなどの成分と助け合って体の“サビつき”を防ぎます。さらにポリフェノールそのものにも、ビタミンC同様、 メラニンを抑える働きがあることがわかってきました。
ビタミンCとポリフェノール、二つの力を味方にすれば、もっと上手に美肌キープできそうですね。
真っ赤なボディにポリフェノールを貯えて、紫外線を防御しています。
  ページのトップへ戻る
肌が老ける!その理由 3.必見!ドクター直伝スキンケア
アセロラ 下枠
天然ビタミンCいっぱいのアセロラ。その果実に秘められた、美容&健康パワーを調査・研究するアセロラ果実の研究室。  
Copyright (c) 2007 Nichirei Foods Inc. All rights reserved.  プライバシー・ポリシー    ≫ニチレイトップページへ
ニチレイトップページへ